MENU
フジチカ
★関東から宮崎に地方移住した主婦★
【年齢】33歳(88年組)
【趣味】DIY、アニソン鑑賞
【悩み】貧乳、下半身太り、目の下のクマ

もともとは東京で働いていたバリキャリOL。毎日往復3時間、満員電車で通勤していました。

'18年に旦那の地元である宮崎に移住!
移住者&主婦の目線から、宮崎の情報をブログやYoutubeで発信しています。

宮崎に興味がある方や移住を検討されている方、主婦でブログをがんばっている方など、ぜひ仲良くしてください♪

ブラック企業はどうやって見分けたらいいの!?ブラックパート・ブラックバイトにつかまらないための方法!

あたらしい仕事を探すときに絶対に避けたいのは、ブラック企業に入ってしまうこと。

サービス残業や違法な長時間労働、最低賃金以下の給与など……過酷な労働環境のせいで、心や体だけでなく自分の時間まで取られてしまうのはもったいないことです。

今回はブラック企業を見分けるために、求人票で注意するべきポイントをまとめました。


※ここで紹介する求人の特徴は、あくまで「ブラック企業かもしれない」というポイントです。
特徴に当てはまる=ブラック企業確定というわけではありません。
求人に申し込むかどうかの、ひとつの判断材料としてください。

mokuji

求人票でブラック企業を見分けるポイント

たくさんの求人を長い期間掲載している

フジチカ

あれ?この求人、この前も見たぞ?

求人サイトを見ていて、そんな風に思ったことはありませんか?

同じ勤務地・同じ仕事なのに、いつも求人がでている…。
そんな時は要注意です。

当然ながら、企業が求人サイトに広告を出すには、数万円~数十万円のお金がかかります。

大金をかけていつも求人を出しているのはとっても不自然。

最初から人材を使い捨てるつもりで大量採用&大量解雇している、または人が全然続かないという可能性があります。

時給が不自然に高い

私が住んでいる宮崎県の最低賃金は、793円(令和2年10月3日~)

仮に時給1,200円のお仕事があったら、嫌でも目を引きます。
誰だってお金は欲しいですもん。

けれどちょっと待った!
タダより高いものがないのと同じで、高すぎる時給には裏があると思った方がいいです。

例えばこんな場合が考えられる
  • 時給が高いのは試用期間やオープン直後の期間だけ
  • 高い時給で釣らないと人が来ない
  • 高い時給の代わりにノルマがきつい
  • 一定条件を満たさないと降格(減給)の制度がある

高い時給に飛びつかず、電話や面接でしっかり労働条件を確認しましょう!

「風通しがいい」「アットホーム」に注意

大家族

“風通しがよく、なんでも相談できる環境です”
“アットホームな雰囲気で、職員の仲がいい”
“創立〇〇年の歴史ある会社で、職員みんなが家族”

求人票でこんなワードが出てきたら要注意です。

入職後の「話が違う!」というトラブルを避けるため、業務についてのくわしい説明を避け、当たり障りない表現を使っている可能性があります。

そもそも、相談がしやすいかどうか、職員と仲良くできるかは、教えてくれる相手や自分の主観で大きく変わる部分。
入る前から分かるはずないんです。

従業員が全員若い

日本の現役世代は、だいたい18歳から60歳。
おのずと職場の平均年齢は、39歳前後になるはず。

先輩社員の平均年齢が20台後半だったり、社歴が3年未満の人ばかりだったりすると、「人が長続きしないんだな」と思いましょう。

従業員どうしの年齢が近いのは良いポイントでもありますが、経験を積んだ人間が上にいないということは「何かあった時に誰も頼りにならない」場合があります。

履歴書不要・即日勤務OKは注意

ブラック企業は、求職者が頑張って書いた履歴書をあまり見ません。

なぜなら過去の経歴はどうでもいいから。
人手が足りないためとりあえず全員入社させて、何人か残ってくれればラッキーくらいの考えなのです。

そのため面接をしたらその場で合格を出されることも多いです。

ブラック企業を見分けるためにやった方がいいこと

ネットの口コミをチェックしよう

ネットを見る女性

インターネット上の口コミは必ずチェックしましょう。
その際に検索するワードは、下の4つです。

  • 会社名
  • 会社名+求人
  • 会社名+口コミ
  • 社長の名前

会社名

あまり世間的に知られていない、中小企業やベンチャー企業の求人を見つけたら、まずは会社名でネット検索してみましょう。

ほとんどの会社が自社HPを持っていると思うので、必ずチェック。

何をしている会社なのか?
どんな仕事をしているのか?

求人票だけではわからない情報を得ることができます。

会社名+求人

会社名に「求人」というワードをプラスすることで、過去の求人情報を調べることができます。

掲載終了した過去の求人情報がゴロゴロ出てきたら、人がすぐに辞めてしまう職場の可能性あり。

さらに以前の求人にくらべ、時給がUPしていたりするとより注意が必要です。

会社名+口コミ

最近は会社の口コミをまとめたサイトも増えてきました。

入社しないとわからない、会社の体制や雰囲気がわかるのでとっても便利です。

しかし注意したいのは、口コミサイトには悪い評判ばかりが集まりやすいという点です。

フジチカ

ひどい会社だった!
腹いせに口コミを書き込んでやろう!

…という風に、何かしらの嫌なことがあって、それをベースに口コミを書く人が多いので、どうしても辛口のコメントになりがち。

「素晴らしい会社だからぜひ広めたい!」というプラスの感情で口コミを書く人が少ないんですね。

会社の口コミを調べる時は、参考程度にとどめておいて、あまり振り回されないようにしましょう。

すべて鵜呑みにしてしまうと、どこにも応募できなくなってしまいます。

会社の口コミがわかるサイト
  • エンライトハウス(旧:カイシャの評判)
    エン転職などの求人サイトでおなじみ、エン・ジャパン株式会社運営の口コミサイト。約320万件の口コミが集められていて、規模は最大級。
  • 転職会議
    転職ナビ・マッハバイトなどのサイトを運営する、株式会社リブセンスによる口コミサイト。口コミ数約300万件、付随する求人数17万件と、エンライトハウスと同じく日本最大級の口コミ数を誇る。
  • オープンワーク(旧:vorkers)
    毎年「働きがいのある会社ランキング」を発表している口コミサイト。エンライトハウスや転職会議に比べ口コミ総数などは劣るものの、サイト内がシンプルで使いやすい印象。

社長の名前

社長の名前を検索する理由は、会社名が変わっている可能性があるからです。

過去に問題を起こしたり訴訟に発展したりすると、会社をいったんつぶして新しい会社を立ち上げるのが、ブラック企業の常とう手段です。
オープニング求人の方が人も集まりやすいですからね。

創立間もない会社のはずなのに、事務所や備品に古さを感じたら、怪しいかもしれません。

実際に職場を見に行く

のぞき見するフクロウ

可能ならこっそり職場を見に行くというのもひとつの手です。
(※勝手に侵入しろという意味じゃないですよ)

お店であればお客さんとして来店して、スタッフの仕事ぶりをそっと見てみましょう。

一般人が気軽に立ち寄れない事務所などは、建物の外観を見に行くだけでもOK。
営業時間外にずっと電気がついている場合、「残業が多そうだな」と判断することができます。

電話をかけてみる

最近はほとんどの人がネットやアプリから求人に応募すると思います。
しかしそこはあえて、電話で連絡をしてみてください。

電話をかけた時にチェックするのは、電話の応対です。

冷たい口調でものを言われたり、保留もせずに電話を代わったりする場合は要注意。

電話の応対マナーは、その職場の品格まで表します。
ぜひチェックしましょう。

【まとめ】ブラック企業につけこまれないために情報収集しよう!

ブラック企業は、労働者が労働法などの法律に詳しくないのをいいことに、会社の都合がいいように制度のスキマを利用してきます。

「これって普通のこと?」と少しでも疑問に思ったら、ネットや専門書で調べてみましょう。
そしてうやむやにするのではなく、入社前にかならず担当者に確認をとること。

後悔のない就職活動をして、ぜひ楽しいと思える仕事に出会ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

★★関東から宮崎に地方移住した主婦★★
【年齢】33歳(88年組)
【趣味】DIY、アニソン鑑賞
【悩み】貧乳、下半身太り、目の下のクマ

もともとは関東でOLとして満員電車通勤してました。
'18年に旦那の地元である宮崎に移住!
移住者&主婦の目線から、
宮崎の情報をブログやYoutubeで発信しています。

宮崎に興味がある方や移住を検討されている方、
主婦でブログをがんばっている方など、
ぜひ仲良くしてください♪

mokuji
閉じる